会社概要

社 名 豊通リチウム株式会社
住所 <本店> 
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字仲丸1番地40【Googleマップ】
設立 2018年10月
資本金 10億円
従業員 50名(2021年7月現在)
代表者 代表取締役社長 片山 昌治
役員 取締役 生産技術本部長 西村 博昭
取締役 コーポレート本部長 田形 拓郎
取締役 Martin Perez de Solay
取締役 Richard Anthon
監査役 白鳥 潤
生産能力 水酸化リチウム 10,000トン/年
事業内容 高純度水酸化リチウムの製造、販売
株主 豊田通商株式会社Orocobre社(豪州)
企業理念 環境素材と技術による価値創造を通じて、持続可能な社会の発展に貢献し、地域と共生して参ります。
行動指針

>遵法と安全に徹し、人間尊重を基本として、多様性を受け入れます。

>活力に溢れ、創造と弛まぬ改善により、新たな付加価値や革新を生み出す企業風土を醸成します。

>公明正大に企業活動を行い、社会的責任の遂行と地球環境の保全に努め、豊かさと夢を実現していきます。

社長ごあいさつ

代表取締役社長

片山 昌治

 当社は、豊田通商グループの企業として、安全第一で製品実現に尽力し、お客様のニーズにお応えして参ります。水酸化リチウムは、電気自動車用リチウムイオン電池の性能向上に必要不可欠な原料であり、リチウム原料の中でも特に需要の増加が期待されております。
また、福島県での新規雇用の創出や地域経済の活性化の役割を担うべく、復興への熱い想いを胸に集まった社員と共に、地域に選ばれ、地域の皆様と永続的に成長する企業を目指して参ります。
当社DNAである”豊田通商グループウェイ”(①現地・現物・現実、②チームパワー、③商魂)といった豊田通商らしさを忘れることなく、社員全員がONE TEAMとなって、新しい価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献して参ります。

代表取締役社長

片山 昌治

組織図

この図は横にスクロールしてご覧いただけます。

水酸化リチウム プロセス工程図

製造フロー

この図は横にスクロールしてご覧いただけます。

事業紹介

水酸化リチウムの生産・販売

原料となる炭酸リチウムをアルゼンチンの関連会社Sales de Jujuy(サレス・デ・フフイ:SDJ)から調達し、年間10,000トンの水酸化リチウムを製造していきます。
自動車の電動化シフトに伴うリチウム需要の増加に対応し、持続可能な社会と環境作りに貢献して参ります。

炭酸リチウム

水酸化リチウム製造工場

車載二次電池

会社沿革

2018年10月 豊通リチウム株式会社の設立
2019年6月 東京 品川(豊田通商東京本社内)に事務所開設
2019年9月 工場建設の着工開始
2020年4月 事業拠点を福島県双葉郡楢葉町 竜田イーストビルに移転